フルートの清掃は必須!楽器共有は細菌共有を意味する!【アメリカ】タフツ大学の研究で判明!

フルートの清掃は必須!楽器共有は細菌共有を意味する!【アメリカ】タフツ大学の研究で判明! 楽器の清掃
スポンサーリンク
日給10万円稼ぐフルート奏者になることも可能!
7日で習得可能!【業界最安のレッスン料】
教本、メール、動画、資料を提供!
「森口九喜子のオンラインフルート教室」
(高級フルートプレゼント!)
スポンサーリンク
日給10万円稼ぐフルート奏者になることも可能!
7日で習得可能!【業界最安のレッスン料】
教本、メール、動画、資料を提供!
「森口九喜子のオンラインフルート教室」
(高級フルートプレゼント!)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アメリカ】タフツ大学の研究(2011年5月12日)で判明!吹奏楽器に細菌が生存!

タフツ大学医科学部のスチュアート・レビー博士とそのチームによる研究で、吹奏楽器に病原菌が数日間生存し、特に共有される楽器を使用する人々、特に学生に健康リスクをもたらす可能性があることが明らかになりました。この研究は、国際環境保健研究誌に掲載されたパイロット研究です。

重要な発見として、クラリネット、フルート、サックスなどの吹奏楽器には、生きた細菌やカビ、酵母が存在することが確認されました。実験では、楽器の演奏を模倣し、クラリネットに大腸菌、黄色ブドウ球菌、不活化された結核菌を適用しました。その結果、これらの細菌は数時間から数日間生存することが分かりました。特に注目すべきは、不活化された結核菌が最大13日間も生存したことです。

また、木製リードやマウスピースには、特に多くの細菌が見つかりました。レビー博士とマーシャルは、楽器に細菌が移行し成長するのを防ぐまたは最小限に抑えるために、楽器奏者が自分専用の楽器、マウスピース、リードを持つことを提案しています。

共有される楽器や商業的に入手した楽器については、アルコールワイプ、石鹸と水、または商業用消毒剤を使用して分解して清掃することを推奨しています。さらに、使用後のスワブや他の乾燥布を楽器ケースに保管する際には、細菌の成長を最小限に抑えるために電子レンジで加熱することが推奨されています。

この研究は、新型インフルエンザの流行やメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の発生を受けて、衛生習慣の向上が奨励されている中で行われたもので、特に学校での共有吹奏楽器の清掃も奨励されるべきであるとレビー博士は述べています。資金提供は、カリフォルニア州サンタモニカの全米レコーディングアーツ科学アカデミーから行われました。1参考文献:Sharing Musical Instruments Means Sharing Germs | Tufts Now(https://now.tufts.edu/2011/05/12/sharing-musical-instruments-means-sharing-germs)

はじめに:タフツ大学の衝撃的な発見

この記事でお伝えしていることは、とても重要なことですので、ぜひ、この記事をシェアして教えてあげてください。

タフツ大学の研究チームが行ったこの革新的な研究は、吹奏楽器の使用と健康リスクとの間に重要な関連性を浮き彫りにしました。多くの人々、特に学生や音楽愛好家が日常的に触れる楽器の中で、フルートを含む吹奏楽器がどのようにして健康上のリスクをもたらす可能性があるのかを深く掘り下げています。

研究の背景として、過去の研究や逸話から、吹奏楽器による健康への影響が示唆されていましたが、具体的な科学的根拠はまだ不足していました。特に、楽器の共有が一般的な学校や教育機関において、これらの楽器がどのようにして細菌やその他の病原体を媒介し、さらには伝播させるかについては、詳細な調査が必要でした。

そこで、タフツ大学のチームは、この問題に焦点を当て、実際の楽器からサンプルを採取し、それらがどの程度の期間、どのような種類の微生物を保持しているかを調査しました。特に、クラリネット、フルート、サックスなどの人気のある楽器に着目し、これらの楽器の表面や内部で細菌がどのように生き延びるかを詳細に分析しました。

この研究は、吹奏楽器奏者、音楽教師、学校の健康担当者、さらには楽器メーカーにとっても重要な示唆を与えるものです。楽器の清掃と保守が単なる楽器のパフォーマンスを維持するためだけでなく、奏者の健康を守るための必須の手段であることを強調しています。

この研究の目的は、吹奏楽器に関連する健康リスクの実態を明らかにし、これらのリスクを軽減するための実用的なガイドラインを提供することでした。そして、その成果は、吹奏楽器の使用と管理に関わるすべての人々にとって、新たな認識と対応の必要性を示しています。

※本記事は「最新のChatGPT4.0」を活用して、著者が監修し記事を書いていますので質の高い情報提供が出来ます。画像出典:DALL·E 3 ※画像はAIで生成したイメージです。
最新のChatGPT4.0は、米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAIです。

研究の概要と主な発見

・研究チームと手法

タフツ大学の研究チーム、特にスチュアート・レビー博士の指導のもと、この画期的な研究は吹奏楽器における細菌の生存に関して新たな知見を提供しました。彼らの研究手法は、実際の楽器からのサンプル採取と、特定の細菌を楽器に適用する実験的アプローチを組み合わせたものでした。この方法により、実際の楽器使用環境を模倣し、楽器上での細菌の挙動を詳細に調査することが可能になりました。

・吹奏楽器における細菌の生存期間

重要な発見の一つは、クラリネット、フルート、サックスなどの吹奏楽器に存在する細菌の生存期間です。研究チームは、これらの楽器上で大腸菌、黄色ブドウ球菌、さらには不活化された結核菌がどれだけの期間生存するかを検証しました。その結果、これらの細菌が数時間から数日間にわたって生き延びることが明らかになりました。特に注目すべきは、不活化された結核菌が最大13日間も生存したことです。

・特に影響を受ける楽器の種類

さらに、この研究では、特に影響を受ける楽器の種類にも焦点を当てました。木製リードを使用する楽器やマウスピース部分は、特に多くの細菌を保持していることが判明しました。これは、フルートやクラリネットなどの楽器において、細菌の蓄積や伝播のリスクが高いことを示唆しています。この発見は、楽器の清掃や保守の重要性を一層強調するものであり、特に共有される楽器や教育機関での楽器利用においては、注意深い管理と清掃が必要であることを示唆しています。

この研究は、吹奏楽器を使用するすべての人々、特に音楽教育を行う学校や機関にとって、楽器の衛生管理に関して新たなガイドラインを提供するものです。楽器を清潔に保つことの重要性を再認識させ、健康リスクの低減に向けた具体的なステップを提案するものと言えるでしょう。

フルート奏者にとっての意味と注意点

・フルートにおける細菌の危険性

フルートにおける細菌の危険性は、タフツ大学の研究によって初めて科学的根拠を持って明らかにされました。フルートは、その構造上、唾液や呼吸から生じる水分が内部に残りやすく、これが細菌の生育に適した環境を提供してしまいます。特に、マウスピースや管内部など、直接口に触れる部分は細菌が蓄積しやすい場所です。研究によると、フルートには大腸菌や黄色ブドウ球菌などの一般的な病原菌が生存し、場合によっては長期間にわたって存続することが分かりました。

・共有されるフルートのリスク

フルート奏者、特に共有されるフルートを使用する場合には、これらのリスクを特に意識する必要があります。学校や音楽教室などで多くの生徒が同じ楽器を共用する状況では、一人の奏者から別の奏者へ細菌が伝播する可能性があります。これは、特に免疫力が未発達な子供たちにとって、健康上の懸念を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

この研究によって強調されるのは、フルートの定期的な清掃と消毒の重要性です。奏者は、使用後は必ずフルートを適切に清掃し、可能な限り消毒することを心掛けるべきです。特に、共有されるフルートを使用する場合には、使用する前後に清掃を行い、細菌の蓄積を防ぐことが肝要です。また、マウスピースやリードなどの個人が直接口に触れる部分は、個人ごとに専用のものを用意し、他人と共有しないことが望ましいでしょう。

フルート奏者、音楽教育者、また保護者たちは、この研究結果を踏まえ、楽器の衛生管理について新たな認識を持ち、適切な対策を講じることが求められます。フルートの美しい音色を安全に楽しむためにも、これらの点に細心の注意を払うことが、これからのフルート演奏の世界において重要な要素となるでしょう。

清掃と保守の重要性

・効果的な清掃方法

フルートをはじめとする吹奏楽器の清掃と保守は、奏者の健康を守る上で極めて重要です。タフツ大学の研究が示した通り、楽器内部には細菌やその他の微生物が生存し得るため、効果的な清掃方法を知り、適切に行うことが必要です。

効果的な清掃方法として、まず、楽器の使用後は必ず内部を乾燥させ、湿気を取り除くことが基本です。フルートの内部を拭き取る専用のクロスやスワブを使用し、内部の湿気を確実に除去することが肝要です。さらに、マウスピースやリードなど直接口に触れる部分は、アルコールベースの消毒液や専用の洗浄液で定期的に拭き清掃することが推奨されます。これにより、細菌の蓄積を抑え、楽器を衛生的に保つことができます。

・定期的なメンテナンスの必要性

定期的なメンテナンスも同様に重要です。特に共有される楽器の場合、定期的なプロフェッショナルによるメンテナンスが必要となります。これには、パッドの交換、キーの調整、全体的な清掃と消毒が含まれます。楽器の性能を維持すると同時に、細菌の蓄積を防ぐためにも、定期的なメンテナンスは欠かせません。

・専門家からのアドバイス

専門家からのアドバイスとして、楽器の清掃と保守を日常的な練習の一環として取り入れることが強調されています。また、楽器を共有する際は、個々の奏者が使用前後に清掃を行うこと、可能であれば個人専用のマウスピースやリードを使用することが推奨されています。さらに、楽器の保管環境にも注意を払い、湿度や温度が楽器に悪影響を及ぼさないようにすることも重要です。

総じて、清掃と保守の重要性は、フルート奏者にとっての健康と楽器の長寿命化のために不可欠です。タフツ大学の研究によって浮き彫りになったこれらの事実を踏まえ、日々の楽器管理に細心の注意を払うことが求められます。

共有楽器の使用におけるリスク

・学校や教育機関での共有楽器の問題

学校や教育機関での共有楽器の使用は、多くのメリットをもたらしますが、同時に健康上のリスクも伴います。タフツ大学の研究により、フルートを含む吹奏楽器には細菌やその他の微生物が生存し得ることが示されたため、これらの共有楽器の衛生管理には特に注意が必要です。特に学校などの教育環境では、多くの生徒が同じ楽器を使うことが一般的であり、これによって病原体が生徒間で伝播するリスクが高まります。

この問題に対処するためには、学校や教育機関では楽器の清掃と消毒に関する明確なガイドラインを設け、徹底することが求められます。また、生徒が自分の楽器を持ち込む場合には、その清掃とメンテナンスを個人の責任とし、共有される楽器の場合には使用前後に必ず消毒するよう指導することが重要です。さらに、楽器の共有を避けるための予算的なサポートや、楽器の個人所有を奨励する取り組みも有効です。

・個人用楽器の推奨

個人用楽器の推奨は、このような衛生問題を解決する上で最も効果的な手段の一つです。個々の奏者が自分の楽器を持つことで、病原体の伝播リスクを大幅に低減できます。特に、マウスピースやリードなど直接口に触れる部分は、個人専用にすることで衛生的な状態を保つことが可能です。個人所有の楽器は、その奏者が全責任を持って清掃とメンテナンスを行うことができ、結果としてより安全な演奏環境を実現することができます。

したがって、共有楽器の使用には細心の注意を払い、可能な限り個人用楽器の使用を推奨することが、健康と安全を確保する上で極めて重要と言えるでしょう。学校や教育機関では、この点に特に注意を払い、生徒や保護者に対して適切な情報提供と指導を行うことが求められます。

今後のフルート奏者のための対策

・安全な演奏環境のための提案

安全な演奏環境の確保は、フルート奏者にとってますます重要になっています。タフツ大学の研究が示すように、楽器内部に細菌や他の微生物が生存する可能性があるため、演奏環境を清潔に保つことが不可欠です。このために、奏者自身が取り組むべき具体的な対策をいくつか提案します。

まず、楽器の定期的な清掃と消毒は必須です。演奏後は楽器内部を拭き取り、湿気を完全に除去し、アルコールベースの消毒液でマウスピースやリードを清潔に保つことが重要です。さらに、楽器を使用しない時は、清潔で乾燥した環境に保管し、湿度や温度が楽器に悪影響を与えないように注意が必要です。また、共有楽器の使用を避けるために、個人専用の楽器を所有することも一つの解決策です。

・楽器購入時の考慮点

楽器購入時の考慮点については、まず、楽器が高品質で清潔に保ちやすい素材で作られているかを確認することが重要です。特に、木製リードやマウスピースなどの部品は、細菌が蓄積しやすいため、容易に取り外して清掃できるものを選ぶと良いでしょう。また、楽器の購入に際しては、信頼できる販売店やメーカーから購入し、品質保証やアフターケアのサービスがしっかりしているかを確認することも大切です。

フルート奏者が安全な演奏環境を確保するためには、楽器の選択から保守、清掃に至るまで、一連のプロセスに注意を払うことが求められます。これらの対策を通じて、フルート奏者は自らの健康を守りながら、楽器の美しい音色を最大限に引き出すことができるでしょう。

まとめと今後の研究への展望

・研究の重要性と影響

タフツ大学の研究は、フルートを含む吹奏楽器の使用に伴う健康リスクについての重要な洞察を提供しました。この研究の重要性は、楽器の衛生管理に新たな光を当て、奏者、音楽教育者、楽器製造業者に対して、楽器の清掃と保守に関する意識を高めることにあります。特に、学校や教育機関での共有楽器の使用に伴う健康リスクの認識を深め、これらの環境における衛生管理の基準を向上させることが求められています。

・今後の研究課題と期待

今後の研究課題としては、さらに多くの種類の吹奏楽器における細菌の生存状況を調査し、異なる材質や構造が細菌の蓄積にどのように影響するかを明らかにすることが挙げられます。また、楽器の清掃方法や使用頻度が微生物の生存に与える影響についての詳細な研究が必要です。さらに、楽器の共有による健康リスクを最小限に抑えるための効果的な清掃プロトコルの開発も重要な研究課題となります。

期待されるのは、これらの研究が楽器の衛生管理に関するより具体的で効果的なガイドラインの策定に貢献することです。これにより、フルート奏者をはじめとする全ての吹奏楽器奏者が、健康的かつ安全な演奏環境で音楽を楽しむことが可能になります。また、このような研究は、楽器製造業界にも影響を与え、より衛生的で安全な楽器の設計と製造に貢献することが期待されます。

総じて、タフツ大学の研究は、楽器の衛生管理と健康リスクの理解に大きな一歩を踏み出したことで、今後の研究と楽器使用の実践において、新たな道を切り開くことになるでしょう。

最後に、楽器を共有することのリスクを念頭に置き、自分だけの楽器を使用し、常に清掃することが重要です。これにより、楽器を通じた細菌の伝播を防ぎ、健康を守ることができます。安全で快適な演奏環境を保つためにも、楽器の衛生管理には特に注意を払いましょう。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:Sharing Musical Instruments Means Sharing Germs | Tufts Now(https://now.tufts.edu/2011/05/12/sharing-musical-instruments-means-sharing-germs)
▼本格的に学びたい方へ:「森口九喜子のオンラインフルート教室」はこちら!
最短7日で、フルートで名曲を演奏できるように!
【広告】高級フルートプレゼント!

【森口九喜子のオンラインフルート教室】
フルート演奏歴30年の現役プロが教える講座

楽譜の読めない初心者でも、最短7日で、フルートで名曲を演奏できるようになります。

フルート演奏の夢を現実に!

森口九喜子の革新的オンラインフルート講座

・365日間のメールサポート
・フルートに対する一年間の保証
・万全の『完全返金保証』

あなたもフルート演奏をライブ配信して月5万を稼ぎませんか? アマチュアでも月5万円の副収入を獲得することは難しいことではありません!プロである森口さんのオンライン教室で学べば、楽譜の読めない初心者でも最短7日で、フルート名曲を演奏できる様になります。更に、日給10万円稼ぐこともあるプロが教える「ライバー デビューマニュアル」も、特典として付いてますので、一気に飛躍出来ます!

この革新的なオンラインフルート講座では、森口九喜子が厳選した高品質のフルートがプレゼントされます。伝統的な音楽レッスンと比べてコスト効率が高く、毎日のビデオレッスンと資料をメールで受け取れます。独自の3ステップ練習法(運指、吹き方、曲の習得)を通じて、初心者でも短期間でマスター可能です。また、ライブ演奏やライバーとして収入を得る方法も学べます。忙しい方や主婦にも最適なこの講座で、フルート演奏の夢を叶えましょう。

オンラインフルート教室に特におすすめなのはこんな方

・忙しい主婦の方
・時間が取れないサラリーマン・OLの方
・音楽に興味がある方
・なにか楽器をマスターしたい方
・お教室に通う時間がない方
・お教室に通うのが面倒な方
・フルート初心者の方
・楽譜が読めない方
・年齢を重ね、新しいことにチャレンジしたいと思っている方
・過去にフルートを習ったことがあるが、しばらくご無沙汰な方
・何か趣味を持ちたいと思っている方
・特技を極め、周りの方に自慢したいと思っている方
・ボケ防止をしたいと思っている方
・ボランテイアをしたいと思っている方
・演奏をして収入を得たいと思っている方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Amazonに移動します。 音楽が心を癒す鍵!: 『サヨナラ・モンスター』の驚異的効果と 最新研究の結びつきを徹底解説 Kindle版

ランキング参加中

ポチッと押して応援していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 ネットブログ ストリーマーへ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へ
にほんブログ村
 

フルートランキング
フルートランキング

楽器の清掃研究結果
サイト管理者をフォローする
フルート上達ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました